メルトン布地の良さってなーに?

冬物の外套ではダッフルコートやPアウターなどがスタンダードですが、
そういった雑貨を探している拍子、かならず耳にするのが「メルトン故郷」という文句
やっぱり雰囲気は付くと思いますが、メルトン故郷ってどんな故郷なんでしょうか?
メルトン故郷は
メルトン故郷は、毛織物を縮絨(しゅくじゅう)させた後に、
外層を起毛させて織り匂いが目立たないようにした故郷のことです。
結構難しいですが、とどのつまり
故郷の密度を高めて、防風性、耐久性、保温性などを高め、外観の高級感を持たせた故郷
のことです。
近頃は、ウール根底といっても、ウール100パーセントではなく、アクリルやナイロンが混紡されているものが多くあります。
これらは根底に化繊を混ぜて安価にしたものがざっと。
化繊の混紡パーセントが厳しいほど、手触りが悪くなったり、チクチクしたりするようになります。
また安価な物は縮絨の精度も悪い結果、保温性が大きいかわりにアウターのウェイトが重いなど、欠点もあります。
安価なものは化繊が多く、ただでさえガビガビしているのに加えて、
故郷の織りが粗い結果やっぱ故郷の密度が薄く気密性が安くなり、
保温性が乏しいのを償う結果故郷を厚くせざるを得なくなります。。
よってますますガビガビ気分が増して仕舞うという手詰まりに陥ってしまうのです。
これに対して高級なメルトン故郷は、縮絨精度の高さによって手触りが至って可愛らしく、柔和で瑞々しい故郷。
再びおっきい保温性、防風性を実現しながら、ウェイトもとても軽々しいものが多いです。
掘り出し物はしっかりウール100パーセントとかというとそうでもなく、恰好保護のために10パーセント程度化繊を混紡やる売り物もあります。
しかし、手触りのよさは何一つ劣化していないんですね。
冬の外套はそう頻繁に買い換える雑貨ではないので、
ほんのりくらいプライスが高くても長く着れる高品質のものを選ぶといいと思います。